TOP > CATEGORY > 未分類
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク T650のパッドの操作範囲 

2014年09月25日 ()
かなり時間が経ってしまいましたが、少し時間ができたのでカキコします。

表題のままですが、パッドを使っていてたまに操作できなくなる事例があったので
調べてみたら、どうやらパッド上で操作ができる範囲があるらしい。


そこで、実際にパッドを操作してシールを貼ってみました。

われながらなんともいえない幾何学模様になりましたとさ(ぉ

ちなみに、前にそれは行っていたけどどうも操作範囲があいまいな部分
があって再度追加でシールを貼っています。



IMG_0368
IMG_0368 posted by (C)ゆさみ さくら



IMG_0369
IMG_0369 posted by (C)ゆさみ さくら


よく分かるようになりました。

ちなみに、したから順に
まったく反応しない部分
その上が、ポインターとクリックが反応する部分
その上が、ポインターのみ反応する部分
その上が、まったく反応しない部分


右下にある四角い枠(真ん中の枠と接してる四角い小さい枠)は、右クリックができる部分。
これが結構重要。
ちなみに、これはwindowsで使っていますが、マックだと二つ指でクリックできますが
windowsはできない(アプリ入れないと駄目)
なので、結構貴重。

なお、外側の枠のエッジ部分(縁)は、クリックできるので要注意。
これが誤作動の原因となることが多数。。
スポンサーサイト
[2014.09.25(Thu) 16:55] T650のパッドの操作範囲Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 変速機のケーブル修理 

2014年05月25日 ()

どもです。

今回は、PCではなく自転車です。
自転車といっても皆さんが知っているママチャリという部類の
自転車。

いつも通勤に利用しています。
(もっと前から利用していますけどねw)

もう、数年利用していたのですが、
最近どうも変速機を作動させると
うまく作動しないので、
調べてみると。。。


ケーブルが、チューブから飛び出て
いました。。。


前かごとかを使用しますが、なぜか
気づきませんでしたw。

当初これは駄目かなと思ったけど、
ネットで調べる限りでは、このケーブルは取替えが可能らしい。
駄目ならそこで自転車屋さんに行った方がいい
との趣旨が記載されてました。
そこで、今回は初の変速機のケーブル交換となりました。
ただし、気づいたのは平日なので
休日までは直すことができないので
応急処置をしました。

応急処置は、ガムテを使ってケーブルをぐるぐる巻きにする
という方法w
(中のワイヤーが出ているだけなので、これで何とかなる)
その状態がこれです。

IMG_0098
IMG_0098 posted by (C)ゆさみ さくら

IMG_0097
IMG_0097 posted by (C)ゆさみ さくら

ケーブルをたどって切れている箇所を探します。
前輪部分は他は問題ないらしい。
IMG_0099
IMG_0099 posted by (C)ゆさみ さくら

後輪部分。ここも一部切れ掛かっていたので
これも交換します。
IMG_0100
IMG_0100 posted by (C)ゆさみ さくら

今回駆り集めれた道具たち。
手持ち総登場です。
IMG_0096
IMG_0096 posted by (C)ゆさみ さくら

iPadと5-56も登場しました。
(5-56は、ケーブル内部につける予定
iPadは、ギア調整用の情報を取得するため)
IMG_0095
IMG_0095 posted by (C)ゆさみ さくら

自転車変速機用ワイヤーは、近くのD2にて入手。
しかし、時間があまりないので
交換に手間取るわけにもいきません。

今回はワイヤー交換ですので、
ハンドルにあるシフトレバー内の止め具の形状を見た後、
後輪にある留め具をはずす。
(途中、ワイヤーのところどころにキャップがあるので
その長さとワイヤー全体の長さを計測し、
新しいワイヤーと合わせます。
その後、古いワイヤーをはずして
新しいワイヤーに取り替え。
最後に調整をして終了。
長そうだ・・・。


まずはえいやっと古いワイヤー(外皮一緒に)
はずす前に、長さを見ます。
長さが分からないと、前と同じ長さに調整した後に
切るので分からないのです。

長さを測り、ところどころに印をつけていきます。
IMG_0101
IMG_0101 posted by (C)ゆさみ さくら

IMG_0102
IMG_0102 posted by (C)ゆさみ さくら

後輪のギアを制御するシフトレバー
shimano製です。
こいつの中をはずすのですが・・
IMG_0103
IMG_0103 posted by (C)ゆさみ さくら

裏を見ると、六角レンチではずさないといけなかったりします。。
IMG_0104
IMG_0104 posted by (C)ゆさみ さくら

六角レンチを使って、ねじをはずしました。。
IMG_0105
IMG_0105 posted by (C)ゆさみ さくら

表のカバーをはずすしたところ
IMG_0106
IMG_0106 posted by (C)ゆさみ さくら

さらにはずすと、中に埋まっているものがあります。
シフトレバーの末端にある止め具(通称タイコと呼ばれる)
部分です。
どうやら思ったとおりのタイコでした。
IMG_0107
IMG_0107 posted by (C)ゆさみ さくら

シフト側は分かったので、
後輪側をはずす準備にかかります。
後輪の留め金は、六角ボルトですので
ラチェットレンチの出番となりました。
IMG_0108
IMG_0108 posted by (C)ゆさみ さくら

しかーし。
計ったらレンチの号数は9号でしたので、
手持ちのラチェットレンチは、9号ありませんでした・・。
IMG_0109
IMG_0109 posted by (C)ゆさみ さくら

仕方ないので、ラチェットレンチの変わりに
スパナが出番となりました。
IMG_0110
IMG_0110 posted by (C)ゆさみ さくら

ちなみに、こんな感じで止まっていました。
(写りよくない。。)
IMG_0111
IMG_0111 posted by (C)ゆさみ さくら

はずしてる途中。
ワイヤーの外皮(チューブ)はこんな感じなんですね。。
IMG_0112
IMG_0112 posted by (C)ゆさみ さくら

ついに、シフトレバーのワイヤーを外します。
実はこれを取り出すの大変でした。。埋まってるし。。
IMG_0113
IMG_0113 posted by (C)ゆさみ さくら

古いワイヤーと新しいワイヤーの比較。
(左:新しいワイヤー、右:古いワイヤー)
IMG_0114
IMG_0114 posted by (C)ゆさみ さくら

ワイヤーの長さが決まったら、
早速切ります。。
と言いたいのですが、、
そのまま切ると、ワイヤーってより線といって
ワイヤーが何本か束ねてあるので、
切った先からワイヤーがばらばらになって
チューブ(外皮)を通す時に
つっかかかったり、ばらばらになるので
いきなり切るのはご法度。
正解は、熱収縮チューブを使って
切りたい所にセットして、収縮させた後に
そのまま切断します。
火を使うので、水桶の上で作業継続
IMG_0115
IMG_0115 posted by (C)ゆさみ さくら

その後、大型ニッパーにて切断しました。
切るのが大変で、全体重を乗せてかつ天井低いので
天井に手を押し当てて切りました。
IMG_0116
IMG_0116 posted by (C)ゆさみ さくら

切ったワイヤーの反対側のタイコ部分をセットして
ワイヤーを通していきます。
IMG_0117
IMG_0117 posted by (C)ゆさみ さくら

新しいチューブセット中
IMG_0118
IMG_0118 posted by (C)ゆさみ さくら

ワイヤーを一旦シフトレバー側を通した後、
チューブ設置中。
IMG_0119
IMG_0119 posted by (C)ゆさみ さくら

よく見ると自転車本体の中央部分の右側あたりに
出っ張りがあるのが分かると思います。
どうやら途中で、ワイヤーがそこまでしかなく
その後一旦空中を張って、その後またチューブに
入る構造でした。
IMG_0120
IMG_0120 posted by (C)ゆさみ さくら

で、とりあえず後輪のギアにワイヤーをセットし、
その後調整しました。
調整は以下を参考にしました。
(構造を理解しないと駄目なので必死でしたwww)


http://www.cb-asahi.co.jp/html/mente-rd.html
http://campsite7.jp/2013/11/01/3116/


交換方法は以下を参考にしてます。
http://aorimebarubass.naturum.ne.jp/e1657114.html
[2014.05.25(Sun) 23:52] 変速機のケーブル修理Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク コーヒーの残り滓で消臭剤 

2014年05月25日 ()
まあ、たいした事ないのですが・・。
今回は、PCではない記事になります(汗

以前、コーヒーの残りかすで消臭剤になるんだよ~と
親が言って、消臭剤?なるものを作ってくれた。

残りかすを入れた袋の閉め方が甘かったため
粉が出てきてしまって、最初は失敗したが・・。

その後、私も見よう見まねで作ってみた。
だんだんとコツが分かってきた。

そして。。。
その知識はそのまま身についていたので、
作ってみた。

改良版として、袋のみではなく、取っ手をつけてみた。
(丁度捨てようとしていた、マスクの紐を再利用)

取っ手よりは棒の方が使い勝手がいいかも。。と。
しかしながら、時間無い中よく作ったなこんなのw


IMG_0125
IMG_0125 posted by (C)ゆさみ さくら
[2014.05.25(Sun) 10:36] コーヒーの残り滓で消臭剤Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 電卓が再度壊れたので、修理 

2014年02月24日 ()
この間、電卓を修理したのですが、またもや同じ現象に陥りました。
(いわゆる、ボタン無反応で5のみ反応するけどすぐに0になる)

最近は、やたらに電卓が壊れるなぁ。。
と思いつつ、さて、どうやって治そうか。。
何時もと同じだと再発するしなぁと思っていました。
そこで検索をして外の方がどうやって直すのかを
調べた所。。。

基板を洗浄剤を塗って洗浄。
その後接点復活剤にて接点を復活。
ということをするらしい。
ちなみに、今回はリード線が切れたまで出た。

そこで、基板洗浄で有名な
呉工業の「エレクトロニックスプレー」
と「コンタクトスプレー」
を何とか購入するため、ネットで調べました。
するとどうやら、家の近くのD2にて売っている模様。
電話で確認すると、売っているとの事なので
土曜に買いに行きました。

無事にゲットしていざ修理を初めます。

今回のターゲットはこれ。
最初、輪ゴムで止めて終わらせようとしたけど
意味がないのでありました。

IMG_0055
IMG_0055 posted by (C)ゆさみ さくら

で、中の様子を調べていたら、リード線が切れてしまった・・。
まあ、これも一緒に修理します。
IMG_0056
IMG_0056 posted by (C)ゆさみ さくら

さて、「エレクトロニックスプレー」を
かけたのですが、ドバドバ出過ぎで少し
ティッシュでたたく感じで少しだけ取り去りました。

その後は、切れたリード線を修理するため
ハンダコテと台を用意(電源既に入ってる)
この後、燃えやすいケースを撤去しました。。
IMG_0058
IMG_0058 posted by (C)ゆさみ さくら


こんなに短いと流石に蓋を開けた時に問題がある。。
そこで、リード線ごと交換
IMG_0059
IMG_0059 posted by (C)ゆさみ さくら


交換中の様子。電池側の接続をします。
IMG_0060
IMG_0060 posted by (C)ゆさみ さくら


こちらは本体側、リード線を取り付けます。
IMG_0061
IMG_0061 posted by (C)ゆさみ さくら


完成。動作試験テストでは、問題なくおkでした。
今度は壊れるなよ。。
IMG_0062
IMG_0062 posted by (C)ゆさみ さくら
[2014.02.24(Mon) 01:43] 電卓が再度壊れたので、修理Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 電卓壊れた・・? 

2014年02月11日 ()
電卓が壊れました・・???

仕事上(というか、SQLを作成している時に)どうしても
SQLで抽出した結果と、手計算にて出した結果が一致しているかどうか
を判断するため、過去にドンキにて、「消費税ボタンがついた」計算機
を購入しました。
値段は、880円だったかな。。
まあ、裏面を見ると怪しさ爆発で、
MADE in China
しか書いてないし、メーカは不明というすごい計算機が日本に
やってきてるなという状況ですが、普通に使えます。

ですが、今回計算をいざしようとしたら・・・
電源は入るけど、ボタンが反応しない。。
表示は、0のまま。。
正確には、5のボタンだけは反応するけどすぐに0に戻ってしまう。。
これじゃ、計算できん。。

そのときは、あいぽん5sの計算機により事なきを得ましたが、
最悪は買いなおすことも考えましたが。。。
ネットで調べると、案外分解掃除すれば直るというのがあったので
ちょうど金曜日ということもあり、土日で分解掃除をすることになりました。

持ち帰ったのはいいけど、
もしだめならこいつらを使うことになるんだろうなと考えていました。
IMG_0011
IMG_0011 posted by (C)ゆさみ さくら


左は科学計算機(電池切れ)、右は一般計算機(単三乾電池3本使用で今動く)

左は電池馬鹿食いするので好きじゃないです。
(あまり反応もよくない)
右はもらい物ですが、元気に動いてくれますので、持ってくなら右かなと。

それはおいといて。。

今回壊れたのはこれです。
IMG_0012
IMG_0012 posted by (C)ゆさみ さくら


0を示していますが、何も反応しませんw

裏側見ると
maid in China以外はわかりませんでした。
(国家で作ってるのかw)
IMG_0013
IMG_0013 posted by (C)ゆさみ さくら


まずは、、とりあえず電池交換すればいいだろう
の前に、、消耗度を調べてみようということでdmmの登場です。
IMG_0014
IMG_0014 posted by (C)ゆさみ さくら


とっとと、電池のメモリにあわせて計ります。
今回の電池はLR1130でした。。

1.5Vあります。
IMG_0015
IMG_0015 posted by (C)ゆさみ さくら


普通なら、それだけですが
こちらでは、電流も測ります。
針が触れまくっているのですが、少なくても起電力は
別段問題なさそうです。
IMG_0016
IMG_0016 posted by (C)ゆさみ さくら



電池は悪くなさそうなので、次に電卓を分解します。
するとこんな感じでした。。安くできてますね・・。
(まあ、当たり前か)
IMG_0017
IMG_0017 posted by (C)ゆさみ さくら


ごみもなさそうなので、、、とか考えいましたが、
そうだ、これって動くのか?
ふとそう思って、電池を仮に手で固定して
数値のボタンをたたいてみると、、、動きました。。
計算させてもまったく問題なし。。

つまり、基盤とキーの位置がずれていただけ・・
でした。。

早速戻したのが、これ。。
IMG_0018
IMG_0018 posted by (C)ゆさみ さくら


正しく入力できてます。

とりあえず、原因もわかり、すぐに直ってよかったよかった。。。

ああ、そうそうひとつ修理しててわかったことですが、
two power(ソーラーと電池にて電力供給)
と書いてあるけど、実は電池とソーラーは直列に並んでいるっぽい。
なので、電池をはずすとこいつは起動しませんwww

何のためのソーラーなんでしょうねwwww
[2014.02.11(Tue) 17:24] 電卓壊れた・・?Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

プロフィール

カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

Amazon人気商品

スポンサー

スポンサー

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

アクセスランキング

カレンダー

検索フォーム

スポンサー

Amazonお得商品検索

    

 

スポンサー

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。