TOP > CATEGORY > UPSもう一度再考
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク UPSもう一度再考  

2011年04月04日 ()
この間の痛恨の指摘を受けまして、再度再考してみました。

条件としては

・入力は家庭用電源
・一番長く使えるもの
・値段が最も安いもの
・200W以下と仮定

となります。


まずは、家庭用100Vの入力において最大のVAの商品を見てみました。
※APCでの最後に書かれているのは、バックアップ時の動く時間

APC
APC RSシリーズ
APC RS 1200VA Battery Backup, 100V 0:31

Smart-UPSシリーズ
APC Smart-UPS 1500VA USB & Serial RM 2U 100V Black 1:31


オムロン

電源容量を見てみます。

ラインインタラクティブ方式
BN150S UPS最大出力容量 1095VA/1095W
BN100S 1000VA/900W



常時インバーター給電方式
BU150SW(工場出荷時)
UPS最大出力容量 1100VA/950W

BU100SW(工場出荷時)
UPS最大出力容量 1100VA/950W



どうやら、家庭用100Vは1.0kVAあたりで頭打ちとなるようです。


とりあえず、オムロン側の時間も調べてみました。
おすすめ無停電電源装置(UPS)の選定ツール


条件としては、
・家庭用100V電源
・必要W数は135W(現時点のサーバのW数)
・なるべく長く(^^;)



停電時に必要なバックアップ時間を変えて調べてみると・・・

120分以上の条件で
BU100SWが出てきました。
(※それ以上だと、三相の200Vタイプしか出てこない)

どうやら、オムロン製品はBU100SWが値段とスペック的に最適な商品と言う感じですね。
でも、なぜBN100Sは出てこないんだろ(^^;)


大体1100VA/950Wあたりが最大という結論を導いていた所。。


さて、APCの今使っているので切り替え時間の比較をしようとしていたら・・・。
というか、使っている機材を今一度調べて見たら
矩形波・・lllorzlll
安さの秘密はここら辺なんだね☆

サーバ側の電源を見てみたら、PFCはついてませんでした(^^;)
まあ、オムロンではないので大丈夫でしょう。

ちなみに、電源はこれです
AP-500/CLX14

もう少し調べてみるといくつか分かりましたので整頓します。


まず、APC RS 900VA Battery Backup, 100Vですが・・・。
運転方式:ラインインタラクティブ方式
運転方式:バッテリ動作時の出力波形:矩形波
バッテリ動作への切替時間(ms):約8ms


BN100Sの場合
運転方式:ラインインタラクティブ方式(BNシリーズ)
運転方式:バッテリ動作時の出力波形:正弦波/正弦波
バッテリ動作への切替時間(ms):10msec.以内


オムロン側でも問題ないレベルと思えます。
(とは言いつつもギリギリだと思われる)

まあ、購入する際はオムロンではデモ機を貸し出しているので
それでまず様子を見てから購入する事もできます。
デモ機お貸し出しについて

APCでは、貸し出しは行われていないようです。



・・・と思ったら、東日本大震災で貸し出しは行われていないとの事。。
しばらく貸し出しは時間がかかりそうです。
スポンサーサイト
[2011.04.04(Mon) 11:36] UPSもう一度再考Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

Amazon人気商品

スポンサー

スポンサー

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

アクセスランキング

カレンダー

検索フォーム

スポンサー

Amazonお得商品検索

    

 

スポンサー

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。