TOP > 現在の状況
 ← Macな話(この嘘を見破れるか?) | TOP | DMMが壊れた

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 現在の状況 

2013年09月30日 ()
お久しぶりでございます。

いつもブログを見て頂きありがとうございます。
今年の夏は暑かったですが、
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

そして、今までブログを更新できなかった事を
お詫びいたします。

ようやくブログを書く事ができるように
なりましたので、
今回は、今年私の生活上で起こった
お話をします。

丁度、今から3ヶ月前の6月。
私は自由でした。
何でも好きなことができました。
休日は休めて、平日も食事後は自由時間がありました。

しかし、ある出来事を境にまったく
それどころではなくなりました。
そして今に至ります。

この3カ月間色々とあり、
非常に忙しい(今でも)日々を送っております。

幸いにして少しだけ時間を作る事ができましたので、
こうして書かせて頂きます。


つい、3ヶ月前の事
不幸にも身内が亡くなりました。

その前日の23時ごろには、本人を目撃しているのです。
とある話では、亡くなる人はなんとなく
その人は普通と違うとか、影がとか
そういう事があるという話ですが
今でもそんな事は見たりませんでした。

今でも悔やむのは
身内で一番近くに居ながら、その深夜の変化を感じる事ができなかった事が
悔まれます。
そして、家事の何たるかを知らなかった。軽視しすぎました。
今思うと、あまりにも何も知らなかった。
どんな気持ちで、しかも肉体的に精神的につらい状態でやっていたと言う事も。
察する気持ちがいかに大切かを思い知らされました。
察する事があまりにも足りませんでした。


ある朝のあまりの突然変なの起こされ方をされて
最初、朝から酷い冗談をと思いましたが、結果は・・。

その後の救急と警察で対応。
警察はいい加減だなと。でもそれが現実なんですね。

お葬式も初めてでした。
ここまで辛いとは思いませんでした。
肉体的にも精神的にも。
でも、本人が一番辛いだろうなと考えると
別に大した事ないと思えました。

その後の遺品整理も辛かったです。
本人からすれば、やめてーと怒号を発するでしょうね。
でも、亡くなって生活を取り戻さないと。。。
しかたないので、みんなで協力して行いました。

そして、ようやく落ち着いたのが半月前あたりでしょうか。

私は家事を担当する事になりました。
(料理・洗濯・掃除)を常に率先するようにしています。
おそらく、家事を知らなかった罰かなと考えるようになりました。
そう考えると甘んじて受けるしかないと考えています。

前に一人暮らしをしていたので、家事の経験はありましたが
そんなものとは比べ物にならない程の対応を迫られました。
(料理は、大量に作らなくてはいけなくてどんどん減っていき
だからといって品数は多く、魚は出さないといけないなど
そして、塩辛いものは禁止でなどなど)
はっきり言って今でも難しいです。

家事の掃除についてですが、一つ役に立った事があります。
それは、大晦日。
大晦日の掃除は、みんな外に行ってしまうため
私が一人で窓ガラス・廊下掃除・ワックスがけ・
風呂掃除・網戸掃除をこなしていました。(3日ほどかけて)
なので、掃除用具が何処にありどのように掃除したらいいのか
などのノウハウがあります。それが毎度ながら役に立っています。
昔は、大掃除は嫌でしたがいま思うと捨てたものではなく
ノウハウの蓄積とどこが大変でどこから手をつけて、どんな順序でやって
どこまできたらひと段落するなどの事が分かります。


今では、少しは慣れました。
しかしながら、プライベートの時間が少なく、
現時点では、平日は30分を捻出するのが精一杯となっています。
そのため、ブログ、ネットゲーム、音楽視聴等
全くできておりません。
また、PCメンテ等も全て30分以内に収めなければいけなく
非常に難しい対応を迫られています。
対策としては、リモートデスクトップをiPadを使って遠隔操作して
できるだけ時間を有効に使うなどしています。

そんな状況ですが、
今は、身内が亡くなった心境や、日々の暮らしや作業など
気付いていれば、少しでも負担を減らせたのにという
気持ちを強く感じました。

そう考えると、
今行っている家事はその時の罰かなと思います。
しかし、亡くなった者はよりさびしく亡くなったのだろうなと
感じています。
顔は曇っているわけではありませんでした。
でも、顔には見えない何かがあったと思います。
そんな事を考えると、家事は別に苦労とも何とも思わなくなりました。

そして、生きていかねばならないんだ
という事を切に感じるようになりました。

亡くなった者からするといつまでも生きていてほしいと
恐らく思っていると思います。
みんな健康で少しでも長生きしてほしいというのは
誰もが思うと思います。

生きていっている者でしか、幸せには出来ないんだなと
という現実を思い知らされました。

いつでも供養はできるけど、供養以上にはなれない。
その先はやはり供養でしかない。
供養はとても大切だけど、それ以上はない。
それはその人の時間が止まっているから。

時間を進めて時代を生きていけるのは、ほかならぬ
生きている人だから。

日々そんな事を思いつつ家事をしています。


残された身内においては

たまに、はぁ・・とか吐息をもらしていますが・・。

もらいしたいのはこちらです。
いえ、簡単に言うと歯を食いしばって家事をしています。
常に即行で。そして、全て終える事。を。。

ため息なんて漏らすだけの精神的余裕はありません。
洗い物は、最近では手がパサパサになるようになりました。
身体は常に背中が痛く、眠いです。
おそらく家事が終わってからの作業が深夜2時を越えるため
(翌朝は6時半あたりにはおきなくてはならないため)
睡眠不足でしょう。

でも、残された時間を使って、
今までの分をどうやってリカバリーしていくか。
それしかないのです。

それと、残されている身内の一人は
生活を変えようとしていません。
人手不足しているのですけどね。

簡単にいうと、非協力的です。
共同生活だから自分の時間は制限されるとは思うのですが・・
何もしない。やらない。
やるのは金の話のみ。
そこじゃないんですよ。確かにお金は大切だけど、
そこじゃない。少なくても手伝って作業を減らす事が大切なんだけど。。
年というのもありますが。。

でも、それでも自分は暇だと言っている始末で、
こちらが頼む時には、忙しいの一言。多分やりたくないのでしょうね。
今では、それが普通なので別に何も言いませんし多分無理だと思います。
今まで通りで過ごしたいんでしょうね。


自分の気力を奮い立たせるために、ガルパンの最終話のみほ対まほの
シーンを参考に脳内で指示を自分に与えています。

おそらく年末も去年と同じく外に出かけて家の掃除は何一つやらないでしょうね。
これは私がやる事を覚悟しているのでやります。
(毎年やっているので。。ほとんどを)
やらなかったのは、換気扇ぐらいです。
他は全てやりましたが。
(庭の枯葉、窓拭き、風呂掃除、網戸掃除、床の掃除とワックスがけ。
これを全工程2日~3日にて行います。コミケの開催時にです)

ちなみに、毎年やっていたおかげで掃除の量が
増えても困らなくなりました。

そういえば、
おかんが色々とDVされていたという話を聞いていますが
していた本人は否定するでしょうね。
本人は自覚がないから。でも、実はしているという一番最悪のやり方です。
今は姉にも当たっています。(私は当たってもどうでもよいが・・)

子供の頃は、みんなでおやじのDVに悩まされていました。
(他の人は殴られたと言う事もあったそうです。
私は酒に絡まれて怒鳴られていました)
そんな時に立ち向かったのが母親でした。
母は強いんだなと。

今は我慢の連続です。
とにかく、出来るだけ速度を上げて
時間を稼いでいます。

こういうブログが、以前のように書ける様に。
昔と変わらないことができるように。
昔を回顧できるような素敵な時間を取り戻せるように。
昔のネットゲームが、また再開できるように。
昔のように過ごせるように。

辛い日々も何とか乗り越えるさ
今まで乗り越えて来たんだから。

やる事はとても小さくて、今はとてもじゃないけど無理かも
知れないけど

「みんな落ち着いて。
落ち着いて攻撃を続けてください。
敵も走りながら撃ってきますから。
当たる確立は低いです。
フラッグ車を叩く事に集中してください。
今がチャンスなんです。
あきらめたら負けなんです。」
と西住みほさんは言っていましたね(ガルパン6話)

そう。
時間を作れないとあきらめたら負けだから。
だから、速度を上げて戦う。
そして今の時間を作る事ができた。
ちっぽけな一瞬かもしれないけど、
何度も波状攻撃すれば少しずつ
何とかなるかもしれない。

次に書く事ができるのはわからないけど
あきらめないです。
スポンサーサイト
[2013.09.30(Mon) 01:15] 現在の状況20130930Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

Re: タイトルなし by ゆさみ さくら
ゆさみさくらです。

コメントを頂きありがとうございます。
ブログ更新なども遅れに遅れてしまっていて、
コメントを頂いたのに見れなくてすみませんでした。

すぃ~さんも、相当苦労なさっていますね。
(というか私以上にやっていらっしゃるのに・・そんなにパワーがあるとは・・
まだまだ私の方がマシかもしれない・・)

日曜日は同じような状態ですが、
買い物は前日の土曜日に済ませているので
午前の買い物が無い分、食事時間と食器洗いと洗濯は
もう少し遅いですね。

9:00までに食事準備と洗濯回し(前日にスイッチ押すだけにしておく)
9:10あたりに食事。
9:45で食事終わり、片付け、食器洗い
10:00頃に洗濯干しと次の洗濯の準備と洗濯回し
10:30二回目の洗濯干し。
11:45洗濯干し完了。13:00ぐらいまで自由時間(2時間)
13:00昼食準備
13:30昼食
14:00昼食終了。片付け、食器洗い
14:30食器洗い完了。
14:30自由時間。。(2:30程度)
17:00まで(途中、30分ほど洗濯物をたたむ)
17:00食事準備開始。
19:15食事準備完了。
19:15食事。
20:30食事終わり。片付け、食器洗い。
21:00食器洗い完了。
21:30風呂。
22:00自室へ。明日の準備等
23:00自由時間、(1:00まで)合計3時間程度

自由時間の最大値は、2:00+2:30+3:00=7:30?
まあ、予定外が入るのでそれで削られるのでもっと少なくなりますね。

私は一人く暮らしを経験していたので、
その経験が役に立ちましたが、
やはり、世帯での家事はスケールが違いますね。
その点ではかなり苦労しています。
(献立のレパートリーが少ないとか)

色々とお心遣いありがとうございます。
お互い苦労する事は多いと思いますが、
今の生活リズムに何とか合わせていこうと思います。



> たまにブログ拝見させていただいています。
> 私も2011年に祖父が亡くなりました。
> 家業の農業を率先して、優先してやっていました。
> 腰や足に痛みが出て寝込むようになって、
> 最後は危篤状態でした。
> 亡くなってから2ヶ月後私は仕事を辞めて農業を本格的に、
> 手伝うようになりました。
> すると祖父が言っていた事が役立つ場面が何回かありました。
> そこで思いました。「やっぱり職人だったんだな」と。
> 祖父から最後に言われた注意、『俺のようになるな』。
> たぶん守れていません。やっぱり孫だから似てるんでしょうかね。
> 私の母も私が小学校5~6年生の時にガンの手術をしました。
> その時から「家事もできるようにならないと」、という意識が高まりました。今母はガンも良くなって韓流ドラマに夢中です。私の方は家事が出来るようになったためか未だに独身です(泣)。
> 私のことばかり書いてしまいましたね。スミマセン。
> こういった経験から、まずは変わってしまった生活スタイルに早く慣れる事です。家事の中に楽しみを探してもいいと思います。2の次、3の次で趣味を入れていく位でいいと思いますよ。
> 例えば私の家の場合、仕事休みの日6時から朝食支度で6時半に朝食、6時45分ごろ朝食終了。洗濯機回しながら食器洗いで7時半位、7時半から8時半まで洗濯物と布団干し。9時半~11時まで外の用事(買い物など)を済ませて11時半から昼食準備。12時から昼食で食器洗い終わるのが12時45分頃。そこから15時の洗濯物取り込みまでフリーになります。15時~16時で洗濯物・布団を取り込み、洗濯物畳んで16時~16時半で風呂掃除。16時半から夕飯の支度。私の家は夕飯早いので17時に夕飯です。17時半ごろ夕飯終了。食器洗いながら風呂沸かし。18時ごろ風呂。全員入り終わるのが20時頃。最後の人が風呂入っている間に洗濯機を回して21時ごろ室中干して終わったら23時くらいまでフリー。23時就寝でやってます。午後に約2時間×2で4時間くらいフリーの時間が作れます。まあ、なれないと23時就寝、6時起床はつらいかと思います。こればっかりはなれていかないといけませんけどね。
>
> 祖父が亡くなって2年経って3周忌も終わって、
> 家鳴りがするたびに家族で、
> 「じいちゃんが田んぼの様子見ながら家も見に来たんじゃないのかに来たんじゃないのか」
> とか、
> 「天国で先に亡くなった親戚と酒でも呑んで自治会作ってるんじゃねえか」
> とか笑って話せるようになってきました。
> 時間は掛かるかもも知れませんが、
> 故人の思い出を笑って話せる日が来ると思います。
> そうしたら悲しみを乗り越えて前に進んでいると実感できるかも知れません。
> 長々と書かせてもらいました。
> 無理をせずにゆっくり今の生活リズムに慣れていってください。

コメントを閉じる▲

 ← Macな話(この嘘を見破れるか?) | TOP | DMMが壊れた

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013.10.22(Tue) 02:15] URL | # | EDIT |

ゆさみさくらです。

コメントを頂きありがとうございます。
ブログ更新なども遅れに遅れてしまっていて、
コメントを頂いたのに見れなくてすみませんでした。

すぃ~さんも、相当苦労なさっていますね。
(というか私以上にやっていらっしゃるのに・・そんなにパワーがあるとは・・
まだまだ私の方がマシかもしれない・・)

日曜日は同じような状態ですが、
買い物は前日の土曜日に済ませているので
午前の買い物が無い分、食事時間と食器洗いと洗濯は
もう少し遅いですね。

9:00までに食事準備と洗濯回し(前日にスイッチ押すだけにしておく)
9:10あたりに食事。
9:45で食事終わり、片付け、食器洗い
10:00頃に洗濯干しと次の洗濯の準備と洗濯回し
10:30二回目の洗濯干し。
11:45洗濯干し完了。13:00ぐらいまで自由時間(2時間)
13:00昼食準備
13:30昼食
14:00昼食終了。片付け、食器洗い
14:30食器洗い完了。
14:30自由時間。。(2:30程度)
17:00まで(途中、30分ほど洗濯物をたたむ)
17:00食事準備開始。
19:15食事準備完了。
19:15食事。
20:30食事終わり。片付け、食器洗い。
21:00食器洗い完了。
21:30風呂。
22:00自室へ。明日の準備等
23:00自由時間、(1:00まで)合計3時間程度

自由時間の最大値は、2:00+2:30+3:00=7:30?
まあ、予定外が入るのでそれで削られるのでもっと少なくなりますね。

私は一人く暮らしを経験していたので、
その経験が役に立ちましたが、
やはり、世帯での家事はスケールが違いますね。
その点ではかなり苦労しています。
(献立のレパートリーが少ないとか)

色々とお心遣いありがとうございます。
お互い苦労する事は多いと思いますが、
今の生活リズムに何とか合わせていこうと思います。



> たまにブログ拝見させていただいています。
> 私も2011年に祖父が亡くなりました。
> 家業の農業を率先して、優先してやっていました。
> 腰や足に痛みが出て寝込むようになって、
> 最後は危篤状態でした。
> 亡くなってから2ヶ月後私は仕事を辞めて農業を本格的に、
> 手伝うようになりました。
> すると祖父が言っていた事が役立つ場面が何回かありました。
> そこで思いました。「やっぱり職人だったんだな」と。
> 祖父から最後に言われた注意、『俺のようになるな』。
> たぶん守れていません。やっぱり孫だから似てるんでしょうかね。
> 私の母も私が小学校5~6年生の時にガンの手術をしました。
> その時から「家事もできるようにならないと」、という意識が高まりました。今母はガンも良くなって韓流ドラマに夢中です。私の方は家事が出来るようになったためか未だに独身です(泣)。
> 私のことばかり書いてしまいましたね。スミマセン。
> こういった経験から、まずは変わってしまった生活スタイルに早く慣れる事です。家事の中に楽しみを探してもいいと思います。2の次、3の次で趣味を入れていく位でいいと思いますよ。
> 例えば私の家の場合、仕事休みの日6時から朝食支度で6時半に朝食、6時45分ごろ朝食終了。洗濯機回しながら食器洗いで7時半位、7時半から8時半まで洗濯物と布団干し。9時半~11時まで外の用事(買い物など)を済ませて11時半から昼食準備。12時から昼食で食器洗い終わるのが12時45分頃。そこから15時の洗濯物取り込みまでフリーになります。15時~16時で洗濯物・布団を取り込み、洗濯物畳んで16時~16時半で風呂掃除。16時半から夕飯の支度。私の家は夕飯早いので17時に夕飯です。17時半ごろ夕飯終了。食器洗いながら風呂沸かし。18時ごろ風呂。全員入り終わるのが20時頃。最後の人が風呂入っている間に洗濯機を回して21時ごろ室中干して終わったら23時くらいまでフリー。23時就寝でやってます。午後に約2時間×2で4時間くらいフリーの時間が作れます。まあ、なれないと23時就寝、6時起床はつらいかと思います。こればっかりはなれていかないといけませんけどね。
>
> 祖父が亡くなって2年経って3周忌も終わって、
> 家鳴りがするたびに家族で、
> 「じいちゃんが田んぼの様子見ながら家も見に来たんじゃないのかに来たんじゃないのか」
> とか、
> 「天国で先に亡くなった親戚と酒でも呑んで自治会作ってるんじゃねえか」
> とか笑って話せるようになってきました。
> 時間は掛かるかもも知れませんが、
> 故人の思い出を笑って話せる日が来ると思います。
> そうしたら悲しみを乗り越えて前に進んでいると実感できるかも知れません。
> 長々と書かせてもらいました。
> 無理をせずにゆっくり今の生活リズムに慣れていってください。
[ 2014.02.09(Sun) 11:06] URL | ゆさみ さくら #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://ysakurajunk.blog15.fc2.com/tb.php/86-0b380d9c
 ← Macな話(この嘘を見破れるか?) | TOP | DMMが壊れた

プロフィール

カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

Amazon人気商品

スポンサー

スポンサー

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

アクセスランキング

カレンダー

検索フォーム

スポンサー

Amazonお得商品検索

    

 

スポンサー

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。